BON VOYAGE!パリ・ヨーロッパ旅行記
パリを中心として、旅行で訪れたヨーロッパの都市の日記や写真を少しだけ・・・
音が出ます。ご注意ください。

パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。

プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google

Boutique

ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険

Kiosque

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新通貨ユーロ、スタート
新年が明けたが、今回の旅行の最終日。

そして新通貨ユーロのスタート日。遅く起きて朝食を済ませ、両替屋へ行き
旧フランスフランをユーロに両替できるか聞いたところ「替えれない」と言う。
さて今日は何をするか?まず91番のバスに乗ってモンパルナス駅へ。

駅前にはパリ市役所同様、スケートリンクが設けられていたが、滑っている
人の数は両手で数えられるほど。気温も低いのでトイレに行きたくなり
モンパルナス駅の有料トイレを利用。フランスフランなら2.8FFr
(当時レートで56円)なのだがユーロ払いだと0.4ユーロ。僕はフランスフランで
支払いユーロでおつりをもらう。

ややこしい作業をしなくてはならない。ここできのう買った電卓が役に立った。
おつりが間違っていないか確かめたところ、きちんと合っていた。両替屋では
フランスフランをユーロに替えることは断られたが、モンパルナス駅の
両替所でフランスフランのトラベラーズチェックをユーロに替えることが
出来るか聞いたところ、こちらは「OK」との事。

両替して駅の売店に行き、新聞と絵はがきを購入。この売店では2人がかりで
お金の計算。「難しいね」と言うと「簡単だよ」と手を震わせながら(僕を
笑わせるために)答えてくれた。受け取ったおつりの中に、早くも違う
デザインのものが混入。でもニセ金ではない。ユーロの硬貨の表面は各国
共通だが、裏面は国によって違うのだ。でも受け取った硬貨はどこの国の
ものだろう?
le parisien ユーロ スタート
[ユーロスタートを伝える新聞記事]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://paris3.blog104.fc2.com/tb.php/297-2e43151b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。