FC2ブログ

新年明けて、大混乱。

シャイヨ宮での新年のカウントダウンが期待はずれに終わり、早々に「これは
ダメだ」と判断しトロカデロ駅へ。しかしここにたどり着くまでが大変だ。
まずシャイヨ宮の階段を上る人、下りる人で前に進まない。またシャイヨ宮の
ところの通路が工事の関係で狭くなっていたので、余計に後ろから押されて、
かけていた眼鏡が落ちそうで必死で押さえるほどだ。

何とかトロカデロ駅に着いたが、どう見てもメトロには乗れそうにない。終電は
新聞によると1時30分。あと1時間しかないので9号線のIena(イエナ)の方に
向かう。他の人も同じ考えなのか人の流れに従がっていると偶然到着。しかし
Iena駅の入口はクローズ。

更に歩きつづけると凱旋門まで出てきた。ここまで来ると、人は縦横無尽に
右へ左へ移動していたので交通は完全に麻痺。クラクションはビービーだった。
一般に新年になるとクラクションを一斉に鳴らすのは「おめでとうございます」
という意味もあるのだろうが、「俺が先だ」という意味で鳴らしているのだ。
シャンゼリゼ 元旦
[元旦のシャンゼリゼで]

Charles de Gaulles Etoile(シャルル・ド・ゴール・エトワル)駅に着くとRER
(郊外高速鉄道)でLyon(リヨン)駅へ戻り、駅の自動販売機でお菓子を買って
ホテルへ。ホテルに入るときも入口はクローズされていたので、別のフランス人
3人組と一緒に入ってフロントの人に「Bonne Annee(新年おめでとう)」と言って
部屋に戻った。

さあこれから雨に濡れた服と靴を乾かそう。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

ギャラリーヴィヴィエンヌ

1月1日。きのう寝たのが午前2時。起きたのは午前9時。今朝は朝食を食べず
外に出た。しかしどこかに行く目的もなかった。お店も閉まっている。

まずルーブル美術館まで行き(もちろんルーブル美術館も休館というのは、
パリの情報誌PARISCOPE(パリスコープ)で情報入手済み)ギャラリー
ヴィヴィエンヌへ。
ギャラリーヴィヴィエンヌ
[ギャラリーヴィヴィエンヌ]

あいにく今日も雨が降っている。パレロワイヤルの中庭を通って目的地の
ギャラリービビエンヌに到着。でもここも人通りはなかったが、とても
きれいなパサージュだった。

そこからピラミッドの方向へ歩き始めたが、途中Bourse(ブルス)という
メトロの駅に着いたので、そこからLes Halles(レアール)へ。

朝食も食べていなかったので、ちょっとお腹がすいたがさすがに元旦。
Forum des Halle(フォーラムデアール)の中のお店もほとんど休業していた。

仕方がないのでメトロ14号線でLyon(リヨン)駅へ戻り、地上に出て所の小さな
スーパーマーケットが営業していたので、水とジュース、そしてお菓子を購入。
駅構内のサンドイッチ屋さんでサンドイッチGIANTEとキッシュロレーヌを買い、
キッシュロレーヌはその場で温めてもらいすぐ食べたがあまりおいしくなかった。
やはりお惣菜屋かパン屋で買うべきなのか・・・。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

リヨン駅

ホテルの部屋に戻ると部屋の掃除がまだだったので、ホテルの
朝食を取るところにラウンジ風?になっているところが
あるのだが、そこで新聞、雑誌を見て時間をつぶす。新聞に
よるとパリ・ダカールラリーの出発式が5時から12時まであった
らしい。こういう事なら見に行くべきだったなあと少し後悔。

もうそろそろ掃除が終わっている頃だろうと思い、部屋に
戻って昼食を食べ、そのまま昼寝。目が覚めてもそのまま
テレビを1時間ほど見てLyon(リヨン)駅周辺を散歩。

先日バスの中から見かけた、中華屋をのぞいてみたが人も
そんなにいなかったし、中華を食べる気がしなかったので
スルーして、Lyon(リヨン)駅前にある3軒のブラッスリーを
回るも、これもあまり食べたいものがなかったので、駅構内の
Train Bleu(トランブルー)の1階にあるブラッスリーに入る。

ここで席に着き「Plat du Jour(定食)はありますか?」と
聞いたところ「ある」との事なのでそれと水を頼んだ。この日の
Plat du Jourは、鶏肉のクリームソースにと平打ちパスタ。
食後にコーヒーを飲んで97フラン(当時のレートで1940円)。
3フランをチップにおいて店を出た。

それから駅構内をふらふら歩きホテルに戻る。

今日はあまり歩き回れなかったが、こんな日があっても
いいだろう。さて荷造りをしようかな。
パリ リヨン駅
[パリ・リヨン駅]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

帰国

今日は帰国の日。朝8時に目覚ましのベルで目が覚めた。朝食を取り、荷物を
チェックして9時30分にホテルをチェックアウト。それからRER A
(郊外高速鉄道)でChatelet-Les Halles(シャトレ・レアール)でRER Bに
乗り換えでシャルル・ド・ゴール空港へ。RER AからRER BへはChatelet-
Les Hallesでだと向かいのホームに着くので大変便利。
RER B
[RER(郊外高速鉄道) B線]

シャルル・ド・ゴール空港につきAREA Bでチェックイン。日本人客でごった
返していた。今回フランスに来るとき、キックボード持参で来たのだが、行きの
関西空港で機内持ち込みができるかどうかで、時間をとったので改めて聞いて
みると「持込みができない」と即答。通路側の席をアサインしてもらい
フランスを出国する。
パリ シャルル・ド・ゴール TERMINAL 2F
[シャルル・ド・ゴール空港]

免税店で家族のおみやげを買って機内へ。今回のエールフランスは、現地の
会社との不手際があったらしく、機内サービスの一部が実施されないと
アナウンスがあった。当時は現在のように各座席にパーソナルビデオなんか
無かった時代。結構退屈。しかも機内食の洋食が底をつきかけていたが、
ギリギリのところでありつけた。普通、帰りの便は和食をチョイスする人が
多いと思ったのだが、そうではないのだろうか?

12時間30分後、関西空港へ。自宅に電話すると弟夫婦が向かいに来ていると
知って、車付けのある「4階の国際線出発Dドアのところで」と言ったのに、
弟が「国際線チェックインカウンターのD」で、弟の奥さんは「国際線出発Bドア」
で待っているという始末。一応3人うまく合流して車で自宅に戻った。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

何回目のフランス?

何回目のフランス旅行か?よく考えないと解らないほどになってきた。

7:30に起床し8:30に母親に近くの駅まで車で送ってもらった。切符を買って
ホームに上がる時エスカレータを使ったのだが、探し物をしていたのでスーツ
ケースから手を離していて、ホームに着きかけた時、突然荷物が下まで転げ
落ちた。幸い人がいなかったので大事には至らなかったが、もし人がいたら
旅行どころではなくなる。気持ちを引き締めよう!

電車を待って9:30に関西空港に到着。航空券を引き換え、ビジネスセンターで
航空券のコピーを取って、チェックイン、旅行保険の加入の一連の儀式を
済ませ出国審査場へ。ゴールデンウィーク後半の出発のピークと重なり
かなりの人ごみ。この時点で飛行機搭乗予定時刻の11:10を過ぎていた。すぐに
ウィングシャトルに乗って44番ゲートへ。並ぶことも無くすぐ席に着いた。

飛行機は定刻どおり離陸し、しばらくしてからウェルカムドリンクの
サービスが始まった。僕の座っていた座席はフランス人オテス(CAさん)が担当。
乗客は日本人ばかりなので英語で対応していた。僕の番になって
「Jus de Pommes S'il vous plait.(りんごジュースをください)」と
言ったのでビックリしたみたい。

その後のミールサービスもそのオテスと、今度はスチュワードとのコンビで
やって来た。この黒人のスチュワードは上手な日本語で「和食、洋食」と
言ってきたので「La cuisine francaise(洋食を)」と答えると、「フランス語
わかるの?」と言われたので「ちょっとだけ」「ところで日本語わかるの?」
と聞くとスチュワードも「ちょっとだけ」と・・・。

「飲み物は何にしますか?」と聞かれ、味噌汁らしきものがあったので一応
確認するとそうだったので、味噌汁を選択。最初ウェルカムドリンクを持って
きてくれたオテスは「赤ワインもおいしいわよ!」と勧めてくれたが、
残念ながら僕は飲めないので断った。自分の国の言葉を外国人が話して
いるのを聞くと何かワクワクするのは僕だけ???



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

機内での時間つぶしに

機内食を食べ終わり映画を見終わってから、後方のギャレーに行くと、さっき
機内食をサーブしてくれたオテス(CA)とスチュワードがいて、暇だったことも
ありいろいろと話した。「パリに行くのか?」「いつフランス語を習った?」
「どのぐらい旅行するの?」などを聞かれ、逆に「なぜ日本語を勉強しようと
思ったの?」とか「どこに住んでいるの?」を聞いてみた。

最初の答えは「日本文化は面白いから」だそうだ。次の質問には「9区に
住んでいる」と。しかし9区と言われても判らないでいると、「Gare du Nord
(パリ北駅) Gare de l'Est(パリ東駅)・・・」と言ってくれたのでだいたいの
場所がわかった。

すると今度はオテスが日本語のテキストを出してきていろいろ説明し始めた。
そのテキストには漢字が20個ぐらい書いてあって、その横には音読みと
訓読みがひらがなで書かれていた。更にビックリすることには、漢字交じりの
文章も読んで披露してくれた。

その後は漢字を指差して「フランス語では何と言うか?」というクイズ。
解答者はもちろん僕。そこそこ意味が解っていたので答えると、別の
オテスたちも加わり、かなり時間をつぶせた。オテスたちも仕事があるので、
一度席に戻り寝ることに。

しかし寝れるわけがなく・・・



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。

気軽にフォローを!

テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター