FC2ブログ

クリスマスコンサート。しかし・・・

パリ・シャルル・ドゴール空港からRER(郊外高速鉄道)でパリ
市内へ戻る。

一度、パリ北駅で下車したが雨が激しく、外を歩ける状態では
なかったのでホテルに戻る。部屋でパリの情報誌、Pariscope
(パリスコープ)をパラパラめくっていると、今日(クリスマス)
の夕方からマドレーヌ寺院でクラシックコンサートがある
らしい(しかも無料)ので行こうと思っていた。

開始の時間は18時からだと思っていたのだが、もう一度
確認すると19時から。しばらく休んでいるとそのまま眠って
しまった。次に目を覚ました時には18:40。慌てて起きて
マドレーヌ寺院へ。
マドレーヌ寺院
[マドレーヌ寺院]

中に入ると司教が何か言っている。多分説法だろう。
「そのうちコンサートも始まるだろう」と待っていたが、
司教が退場してそのまま終わってしまった。Pariscopeの
情報って一体???。

仕方がないのでOpera(オペラ座)まで歩いてパリ東駅に
向かった。夕食を食べるためだ。クリスマスなので市内の
レストランはCLOSE。駅ならという考えも少し甘く、
ほとんどが休業状態。とりあえずピザとバゲットの
サンドイッチを確保して、クノールのカップスープを部屋で
飲んだ。

明日は、ドイツとの国境の町、ストラスブールに向かうので
準備をしよう!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



スポンサーサイト



ストラスブールへ出発

今日はドイツとの国境の町、ストラスブールへ。朝食を手短に済ませホテルを
出る。

「時間に余裕がないのでは」と思いながらバスチーユまで向かい、メトロで
パリ東駅に。パリ東駅には8:00ちょうどに到着。僕の乗る列車は8:20発だから
ちょうどよい時間。
パリ東駅
[パリ東駅]

案内板で僕の乗る電車を確認。んっっ!普通の電気機関車に客車。TGV
ではない。
現在はTGV東線が開通して早く移動できるようになったが、当時はまだTGVは
開通しておらず、4時間近くの列車の旅。

組成は一番後ろの車から3号車、4号車・・・「1号車と2号車は?」TGVと違って
号車の表記はマグネット、行先は、ドアのところに紙で書かれたものが、
貼り付けられているだけ。

指定されている座席に座ると、前の席に座っているお姉さんはシェパードを2匹
連れている。さすがフランス。でもこういう場合、犬の運賃はどうなるの
だろうか???

車内をよく見ると、窓の上に黄色の紙が挟まれている。その紙には列車番号、
号車、座席番号、その座席に座る人の出発地と到着地が書かれている。幸いに
して僕の隣の席は、ずっと空いているので、間の肘掛を上げて窓側に背を
向けて足を伸ばした。車内販売が通りかかったので10フラン(当時のレートで
200円)出してショコラを飲み、足元にダウンジャケットをかけて少し眠った。




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

ストラスブール到着

ストラスブール行きの電車で少し眠り、目が覚めた時あたりは霧。しかし到着
前にはまた晴れだした。

定時に列車は到着し下車すると、想像していた以上に大きな駅。駅前広場には
移動遊園地があり、パリ市役所と同様、スケートリンクができていた。
ストラスブール駅
[ストラスブール駅。現在はガラス張りのもっと大きな駅に]

まず観光案内所に行ったが13:45まで昼休み。交通局は今日はクリスマスなので
休み。ストラスブール駅構内のちょっとした商店街もクリスマス休暇。仕方が
ないのでホテルにチェックインするためトラムに乗る事に。

交通局の横に券売機があったのでとりあえず1枚買う。カルネ(回数券)は
62フラン(当時のレートで1240円)でパリに比べると値段が高い。しかし1日券は
20フラン(400円)でバスと共通なので格安。

駅の地図でどのようにホテルに行くかを見ていたとき、別のフランス人に切符の
仕組みについて聞かれたが、僕も観光客なのでわからないと答えトラムの
ホームに。しかしストラスブールのトラムのホームには改札はなく、また車内にも
打刻する機械(コンポステ)もない。切符をよく見ると1時間以内なら乗り換えは
自由。しかし逆戻りはできないとのこと。

3つ目の駅で降りてホテルにチェックインした。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


ストラスブール街歩き

ホテルにチェックインして部屋に移動。部屋の窓が二重窓になっていることを
見ると、かなり寒いのだろうと思いながら、街中へ。

とりあえずノートルダム寺院にある観光案内所に行き、ストラスブールの地図を
手に入れたい。ぶらぶら歩いているととてもいい街だとすぐにわかる。周りには
商店街があったがクリスマスのためやはり休み。その割にたくさんの人が外に
出ていた。
ストラスブール ノートルダム寺院
[ストラスブールのノートルダム寺院。周りで一番高いのでよく目立つ]

ノートルダム寺院に向かう途中、ホットドックのマヨネーズ、チーズを食べ
ながら歩く。ノートルダム寺院に着くと、クリスマスの屋台がたくさん
あって、特にVIN CHAUD(ヴァンショー)の店が目に付く。この屋台、直訳すると
「ホットワイン」。赤ワインを暖めて飲むみたいだ。

観光案内所に入り、目的の地図をもらおうと探してみたが、どこにも
見当たらない。職員の人に聞いてみると「配り終わった」という。それほど
観光客も多いということだ。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

Petite Franceへ

地図の入手に失敗し観光案内所をあとにする。

ストラスブールのあるアルザス地方は、ドイツと国境に近いこともあって、
建物は独特なものが多く、クリスマスのデコレーションもパリよりセンスの
いいものが多いような気がした。

天気がいい間にPetite France(プティットフランス)に移動する。しかし地図が
ないので適当に「このあたりだろう」と歩いていると10分ぐらいで到着。
Petite France プティットフランス
[Petite France。右下の黄色の小屋はクリスマス屋台]

さすがにここも観光客でいっぱい。絵はがきを数枚買って通りの
デコレーションのきれいなところを通ってホテルに戻ることに。
クリスマス ショーウィンドー
[Petite Franceの近くにあるクリスマス洋品店の裏口ショーウィンドー]

ストラスブール グランアルカード通り
[グランアルカード通り?少し霧が・・・]

途中、八百屋とちょっとした商店が開いていたので、みかんとミネラル
ウォーター、お菓子いぶらぶら歩いていると、前回のブログに書いた
ノートルダム寺院にたどり着きホテルへ戻った。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

きれい!クリスマスイルミネーション

少しホテルで休んでから、夕食を取りにクレベール広場へ。Flunch(フランシュ)
というセルフレストランで鮭のフライとサラダを食べ街中を散歩。とても
イルミネーションがいいので写真を・・・。

ストラスブール クレベール広場 
[クレベール広場]

この反対側には高さ25メートルのジャンボクリスマスツリーが
ストラスブール クレベール広場

ノートルダム寺院に向かい、途中で反対方向に進むと
ストラスブール オルフェーブル通り
オルフェーブル通り。写真では見えにくいが、お昼、街中を歩いた時よりも
にぎやか。

ストラスブール オルフェーブル通り
壁にはくまちゃんが・・・

ストラスブール オルフェーブル通り



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター