FC2ブログ

帰国の日

今回もこの日がやって来た。もうちょっと居たいという希望を抑えつつ出発準備を
する。いつもどおり朝食を取ってから10時前にホテルをチェックアウト。その際
フロント係が何か言っている。で結局「朝食代は?」だった。宿泊費に朝食代が
含まれているので、追加を払うこともない。

ホテルを出てRER(郊外高速鉄道)でシャルル・ド・ゴール空港へ。
RER B
[シャルルドゴール空港ゆきのRER(郊外高速鉄道)]

11:00に到着。出発は13:15だが、おとといロンドンでのオーバーブッキングの
件があったので早めにチェックインする。

パリ シャルル・ド・ゴール TERMINAL 2F
[TERMINAL 2F (現在は2Eから出発)]

手荷物検査も済ませ家族のお土産を購入。ふと空港の出発モニターを見ると
Delay(遅延)の文字が・・・「やっぱり遅れるのか」と思ったらすぐ消えた。
空港側の手違いだったみたいだ。

パリ・シャルルドゴール空港
[Terminal 2Fのブティック街]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

窓側?通路側?

搭乗予定時刻になり飛行機に乗り込む。
パリ シャルルドゴール空港
[パリ、シャルル・ド・ゴール空港]

旅行の際、飛行機の座席は大変重要なのは皆さんも承知のことだと思う。
あなたは窓側?それとも通路側?僕の場合は飛行時間によって分けている。
国内線など比較的飛行時間の短い場合は窓側を、長距離の場合は通路側を
選択する。もちろん今回はパリ-大阪なので通路側。

その理由は、僕は乗り物に乗ると寝ることが出来ない。パリ-大阪の飛行
時間は季節にもよるが約12時間。その間ずっと座席には座って
いるのではなく、よく席を離れる。エコノミークラス症候群を避けるためにも・・・。
窓側に座ってしまうと、席を離れるたびに隣の人に迷惑をかけてしまう。
それがどうしてもイヤなのだ。

僕の隣の窓側の席には老紳士が座った。するとすぐに「英語は話せますか?」と
聞いてきた。もちろん僕は英語が全然ダメ。その旨を言って「フランス語なら
ちょっとわかる」と付けくわえた。するとこの紳士とのフランス語会話が始まった。

離陸前、滑走路が混雑しているため7番目の離陸。それまで機内で配られた
朝日新聞の衛星版を読んでいると、「大阪の天気は?」と質問されたので
新聞を使いながら答えた。ちょうど離陸の順番になりパリをあとにした。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

帰りの機内で

パリを離陸し、しばらくしてからアペリティフを配り始めた。僕たちの席は
フランス人CA(フランス語ではオテス)が担当だったので、もちろんフランス語で
注文を聞かれる。しかし僕の隣に座る老紳士は英語で答えていた。そういえば
離陸前、新聞を配りにきたのだが、フランスのLe Monde(ル・モンド)やFigaro
(フィガロ)ではなく、英語の新聞を読んでいた。

昼食が済み、免税品の販売後、時差ぼけ解消のため機内の明かりが消された。
しかし僕はいくら減灯されても寝れないので、しばらくしてから席を立ち、後方の
ギャレー(調理室)に。その時隣の老紳士も起きていたので、「ギャレーから何か
持ってきましょうか?」と言ったが「Merci Bien」との答え。ギャレーでしばらく
時間をつぶしてから席に戻り、映画を見た。

ちょうど映画も終わり席を立つと、隣の老紳士も席を立ったのでギャレーにまた
また移動。飛行機はロシアのウラル山脈を越えたところで行程のまだ半分。
機内食は離陸時の昼食と、関西空港到着前の朝食の2回なので、どうしても
お腹が持たない。そこで軽食をもらいにきた。そこで・・・



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

ギャレーでお箸講座

空腹のため隣の老紳士と一緒に、後方のギャレー(調理室)に。ここで僕が別の
フランス人客が食べていた「UDON de SKY(うどんでスカイ)」を指差して、
フランス人客室乗務員に「これください」と言った。

「UDON de SKY(うどんでスカイ)」とはカップうどんのこと。JAL(日本航空)の
商品でJAL国際線ではサービスされているが、パリ-大阪路線は
エールフランスとJALの共同運航便なのでUDON de SKYが提供されているのだ。

するとUDON de SKYを食べていたフランス人が「フランス語話せるの?」と
言われたので「ちょっとだけ」と答えた。するとこの人は「これから伊丹から
長崎に行くのだが、関西空港から伊丹までバスでどれ位かかる?」と
聞かれたのでご案内。

そして今度は隣の老紳士。「3週間ぐらい滞在するのだがどういう所を
観光すればいいのか?」とか、挨拶の仕方とか・・・。あと、特にギャレーで
うけたのがお箸の使い方。ミニ講習会が始まった。

この時点にギャレーにいた人間は、僕を除いて全員外国人。フランス人
客室乗務員に「お箸をください」と言ったら次から次に持ってくる。「そんなに
いらないよ」と言うと「ジョークだよ」と笑って参加。

最初にギャレーに来たときUDON de SKYを食べていたフランス人は、昔、神戸に
住んでいたらしく、京都にも詳しかったのでお箸の使い方が上手。もう一人の
別の人は左利きだったので、使うのに苦労していたし、教えるのも難しかった。
フランス人客室乗務員の人たちも「ステイ先でお箸を使うことは少ないし、今、
この飛行機には日本人客室乗務員も乗ってるけど、大阪では別行動だからね」と
お箸でいろいろな物をつかみながら会話を楽しんだ。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

隣の老紳士は。

ギャレーのお箸講座が意外と盛り上がり、2時間ぐらいしゃべっていた。すると
オテス(フランス語でのキャビンアテンダントの呼び方)が関西空港到着前の
朝食の準備を始めた。

席に戻り、朝食を取ってから再び隣の席の老紳士と話を続けた。すると、
いろいろな事がわかってきた。この紳士は65歳で5人家族。子供は男の子が
2人と女の子が1人。そのうち1人が大阪に住んでいるとの事。

日本に入国するための入国カードが配られ、この老紳士は記入を始めた。
このとき初めて知ったことだが、この紳士は英国人。しかも英国といっても
広いのだが、住んでいる所がフランスと英国本土の間にある、ラマンシュ海峡の
チャンネル諸島。でもなぜこの飛行機に乗っているのか不思議に思ったので、
どのような経路で来たのか聞いてみた。まず、島からフランスのサンマロまで
船で渡り、そこからレンヌまでローカル線に乗り、レンヌからパリの
モンパルナスまではTGVで、そこからバスでパリ・シャルル・ド・ゴール空港まで
来たそうだ。かなりの時間がかかっているので「ロンドンからの方が時間的に
早いのでは?」と聞いてみたが結局「同じぐらいの時間がかかる」との事。
「しかもロンドンからだと大阪に直行する飛行機がないから」との解答だった。

パリ・シャルル・ド・ゴール空港で出発が1時間遅れた分、関西空港到着も
1時間遅れた。この紳士は飛行機を降りる際「今度イギリスに来るときは必ず
連絡を」と言って住所の書いたメモを渡してくれた。僕も先ほどギャレーで教えた、
観光スポットと挨拶の仕方を清書して渡してあげた。

検疫、入国審査、手荷物受取まで同行して、税関検査は別々(僕は別送の
荷物があったので)に済ませ入国。すると老紳士のお出迎えの人が来て
いたので挨拶、そして最後にお互い手紙を送る約束をして家路についた。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

6度目のパリに出発

今回で6回目のフランス。近くの駅まで母親に送ってもらい関西空港へ。

館内放送で「出国審査場はかなりの混雑なので・・・」とあったので早く
チェックインした。そして手荷物検査場で早速トラブル。毎回、旅行で相当
歩くので、今回キックボード(なつかし~)を持っていくことにしたのだが、どうやら
機内持ち込み規定に引っかかるらしく機長預けとなった。(諸手続きは出国
審査場で処理)。チェックイン時にJALのカウンターでは「大丈夫ですよ」と
言われたのだが、発売して期間がなかったのでリストに載らなかったのだろう。
今ではレンタル自転車Velib(ヴェリーブ)があるので、こんな事してまでもって
行くこともないのだが・・・。

出国審査場のほうは、放送の通りかなりの混雑。仕方がないので一番空いて
いる列へ。そして次に自分の番がやってきたとき、一人の外人の女の子が
走ってきて、片言の日本語で「スミマセン、ジカンガナイノデ、サキニ
イカセテクダサイ」と頼まれた。僕の飛行機はまだ飛ばないので、先に譲って
あげた。前の人がもたついている間に女の子に「Where are you from ?」と聞くと
「パリから来た」という。

「僕もこれからパリに行くんだ」と言うとボーディングパスを見せてくれた。しかし
彼女便は僕の便よりも先発する便。現在、関西空港発パリ行きは
エールフランスの運行でJALのコードシェアだが、この当時JALも週3便飛ばして
いた時期なので、曜日によってはダブルデイリーで飛んでいたのだ。

そこから、たまたま2機とも搭乗ゲートも近かったこともあり一緒に移動した。

関西空港
[今日のフライトは・・・]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター