FC2ブログ

旅行最終日

一度ホテルに帰り少し休憩してから、頼まれていたお花屋さんの写真を撮りに
出かけ、それが終わってからHotel de Ville(パリ市役所)前にあるBHVへ。
BHV
[BHV。右の建物がパリ市役所]

BHVはパリの東急ハンズ的存在。家具をはじめドアノブやカーテン、おもちゃに
文具、何でもそろう。ちなみにBHVの正式名称はBazar de l'Hotel de Ville。でも
なぜ市役所が「Hotel」なのかはよくわからない。

BHVの5階(日本式の6階)にはセルフ式レストランがあって1人でも大丈夫。僕も
ここでイチゴのタルトとカプチーノを頼みまたまた休憩。

ここからLES HALLES(レ・アール)が近いのでまた歩いてウロウロし、今度は
BERCY(ベルシー)へ。

BERCYには大きな体育館があってここではよくイベントが行われる。ちなみに
この日も何かイベントがあるらしく、何人かの人がチケット売り場に並んでいた。
「何があるのか?」掲示を見てみたが内容がよくわからず、しかも公演開始が
20時からとなっていたので見るのをあきらめ、その足で夕食を食べに出かけた。
BERCY ベルシー
[BERCY駅前にある体育館。コンサートホールが少ないパリにとって貴重]

今回の旅行の最後の夕食は、凱旋門近くのまたもやセルフグリルの
モンテカルロにした。値段は少し高いが、立地場所を考えるとありがたい存在。
ここでエスカロップとポテトフライを食べ、その後シャンゼリゼを最初は「Franklin
D.Roosevert(フランクリン・ルーズベルト)まで歩こう」と決めていたのだが、
そのままCONCORDE(コンコルド)まで歩いた。

コンコルド広場でスペイン人観光客(多分)にMETRO(メトロ)の駅を聞かれたが、
僕も探していたので一緒に探した。でもすぐ近くにメトロのサインがあって、その
観光客とも別れホテルに帰った。明日は帰国。風呂に入って準備か~。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

シャルル・ド・ゴール空港で

パリを発つ日が来た。今回はいつもに比べ時間に余裕がある。いつもならBA
(ブリティシュエアウェイズ)を使っていたのでLHR(ロンドン・ヒースロー)経由で
KIX(関西空港)まで帰っていたが、今回はKL(KLMオランダ航空)でAMS
(アムステルダム)経由。それにBAはCDG(パリ・シャルル・ド・ゴール)-LHRと
LHR-KIXの接続が悪かったので、それだけ早くパリを出発しなければ
いけなかった。

BAで日本に帰る場合、空港に行くにも早朝のため公共交通機関がタクシーしか
なかったが、時間が遅いだけに選択肢も広がった。なのでRER(郊外高速地下鉄)
でシャルル・ド・ゴール空港に。運賃は49フラン(当時のレートで約980円)。
Gare de Lyon(リヨン駅)から乗車。空港に行く線はRER Bなので次のCHATERET
LES HALLES(シャトレ・レ・アール)かGare du Nord(パリ北駅)で乗り換えになる。
RER B
[RER B線の車両]

空港には成田と同じように2つ駅があるので注意が必要。KLMは第1ターミナル
なので1つ目の駅で降りチェックインカウンターに向かう。

いつものように関西空港までは非常口席に割り当ててくれるようグランド
ホステスに頼んでみたが、すでに埋まっていたので通路側の席を確保して
もらい、荷物を預けて朝食を食べに地下に降りた。Bye Bye Parisという店
(本当にバイバイである)で野菜サンドとカフェオーレを食べ、少し早いが第6
サテライトに移動。
シャルル・ド・ゴール空港
[右のエスカレータに乗ってしまえば、後戻りできない。]

しかしシュンゲン条約の関係からか免税店は皆無に等しくボーディングブリッヂ
前に2軒とコーヒースタンドのみ。おみやげを買おうとしたが当てが外れ
10時10分、定刻どおりパリをあとにして一路アムステルダムに向かった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

スキポールで時間潰し

パリからトランジットのためにアムステルダムに到着。普通トランジットとなると、
純粋に飛行機の乗り継ぎだけになるのだが、ここアムステルダム・スキポール
空港はちょっと違う。通常トランジットの場合は、その国に入国したくても
出来ないが、乗り継ぎのチケットがある場合は入国が出来る。
アムステルダム スキポール空港
[アムステルダム スキポール空港]

特に空港内にあるショッピングセンター、スキポールプラザは店数も多く時間潰し
にはもってこいだ。僕が気に入ったお店はWORLD OF WINGSという飛行機
関連の専門店(現在はPlanes@Plazaという店名)。キャップにT-シャツ、
ポスターまで買ってしまった。
スキポールプラザ
[スキポールプラザ]

World of Wings
[飛行機マニアにオススメ!World of Wings]

その後、ヨーロッパの大きな空港にしては珍しい展望デッキに。しかし雨が
降っていたせいか人もまばらだった。

まだ時間には余裕があるが、再びオランダの出国審査を受けてゲート内に。
今度は家族のおみやげを買って回る。ここはパリとは大違い。店の数が
たくさんある。一応家族には、タバコと化粧品、食器セットにオランダといえば
チューリップ。庭に植える球根を1袋買ってボーディングゲートへ。

ゲート前には更にセキュリティーチェックがあったのだが、財布についている
チェーンが機械に反応したため、検査官に調べられる。そこで「なぜチェーンが
ついているのか?」と聞かれたので「おしゃれと防犯のため」と答えると、
その女性検査官は「日本ではこんなのが流行っているの?」と笑われた。

飛行機は定刻に離陸し、モンゴル、北京、ソウル上空を経由し大阪・関西空港
に到着し今回のフランス旅行は終わった。

スキポール空港内全体図
スキポールプラザのHP
スキポール空港の免税店のHP



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



5回目のフランスへ

5回目のパリに出発。2000年5月のゴールデンウィーク。出発前は航空券の
予約がなかなか取れず、嫌な予感がしたが、JALの予約端末を毎日確認した
甲斐があってどうにか取れた。
弟に関西空港まで送ってもらい、航空券の引き取り、外貨両替、保険の
手続きをしてセキュリティーチェックに。「ピンポーン」と鳴ったので調べられたが、
なぜか今回は念入りだった。

飛行機はAF291(エールフランス)便、定刻11時55分発が時刻変更で10分早く
なっていた。まだ少し余裕があったのでぶらぶらしていると、別の観光客に
「飛行機をバックにして写真を撮って欲しい」と頼まれ撮ってあげると、その
飛行機(TG:タイ航空)に乗務するCAさんが、こっちを見て笑っていたのは
どういう意味なのだろう?

搭乗時間になってA340-300(エアバス)に乗り込んだ。当時エールフランスの
最新鋭機で、今では当たり前となっている、シートモニターがついた機体。しかし
僕の席と隣の席のみモニターが故障しているのか映らない。CAさんを呼ぶと
フランス人の人が来たので「モニターが映らないんだけど、故障?」と聞いて
みた。するとそのCAさんは、モニターをたたきだした。
エールフランス エアバスA340
[エールフランスの当時の最新鋭機 エアバスA340]

こんな時は、日本もフランスも「みんな同じことをするんだなぁ」と思った。でも
そんなことで直るはずもなく、しばらくして「席を替えますか?」と言っているのは
解ったのだが、僕のフランス語力では詳細の聞き取りは困難。CAさんは「後で
きます」と言っていったん引き上げ、今度は日本人CAさんを連れてきて事情を
話してもらった。

フランス人のCAさんは「席はあるが、リクライニングがきかない」事を言ってた
らしい。僕は飛行機に乗ると寝れないので別にリクライニングは問題ないが、
隣の日本人の女性も問題なかったので席を替わった。

着席後、飛行機はすぐに離陸しパリに向かった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

隣の乗客

離陸して3時間、シベリア上空、食事も済んだし座席のTVモニターでゲームも
できるので今回はかなり時間をつぶせそうだ。特にオセロはなかなか
手ごわかった。

またシートモニターの故障がきっかけで、隣の女性客ともよく話した。何と
この人、3日前にパリ行きを決めたのだとか。というのも本当ならCX(キャセイ
パシフィック航空)で香港経由ロンドンに行く予定だったが、大阪-香港の
チケットが取れず、休みとお金がもったいないとの理由だった。普段は東南
アジアを旅行しているのだが、今回初めてのヨーロッパらしい。

機内の照明も暗くなり、後のギャレー(調理室)に行って飲み物をもらうついでに
CAさん(フランス語はオテスという)と少し話をし、その流れの中で「コクピットって
見せてもらえるのですか?」と聞いてみたところ「多分大丈夫ですよ」との返事。
「それなら手が空いた時でいいのでお願いできますか?」と言うと快諾して
くれた。

席に戻ってこの事を隣の人に話すと「私も行けるの?」と聞いてきたので
「大丈夫」というと喜んでいた。しかも10分もしないうちに「早くCAさん呼びに
来ないかなぁ~」と。僕はてっきり「ああいうものは男の人しか興味がない
ものだろう」と思っていたがそうでもないらしい。

現在はご存知の通り9・11のテロ以降、国際航空法でコクピットの見学は
禁止されています。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター