FC2ブログ

カルトオランジュの写真

昨日はフランス時間の24時すぎ、日本時間だと時差が7時間あるので31時、
すなわち次の日の午前7時に就寝。疲れているにもかかわらず7時間後には
目が覚めた。しかしベットの中で、ごろごろしながらテレビを見ていると「パチン!」
と電気が切れた。でも、部屋のドアの下から廊下の明かりが見えたので、
「自分の部屋だけか?」と思っていたら、となりの部屋からも「カチカチ」と
スイッチを入れる音がしたので安心し、二度寝をしてしまった。

身支度をして9時30分。朝食を取りに食堂に下りたが、行列になっていた。
今日は日曜日。みんな起きるのが遅いから仕方ない。

日曜なので外貨両替する場所も通常よりも少なくなる。パリ・リヨン駅の構内で
トラべラーズチェックを最小限の現金に交換してCarte Orange(カルトオランジュ
日本の定期券にあたる)に貼る写真を撮るためにインスタント証明写真機に
初めて挑戦した。
インスタント証明写真機
[インスタント証明写真機]

実は日本にいる時も、この機械を使ったことがなく全くの初めて。料金が15フラン
(当時のレートで約300円)だったので、5フラン硬貨を先に投入したが、
写真機にはカウントされず持っていかれた。(よくある事さ!)。次に10フラン
硬貨を2枚入れると写真機は作動。好みの大きさを選択してポーズを決める。
間違ってもプリクラみたいな飾りの付いたものもあるので押さないように。3分
待って写真の出来を見るとよく撮れていた。しかし、1枚の印画紙に16分割
された僕の顔写真には、切れ目が入っていなかった。日本でもフランスでも
それが当然ということも知らず(爆)、僕はきちんと切れて出てくるものだと
思っていた。そして、おつりもまた出ない。あ~どうしよう。カルトオランジュに
使うのに・・・。
カルトオランジュ
[フランスにもITの波が。最近はICチップ内蔵のNAVIGO(ナビーゴ)もある。]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。





スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

はさみを求めてシャンゼリゼ

カルトオランジュに貼るための写真を、インスタント証明写真機で写真を撮ったが、
1枚の印画紙に16分割された自分の顔が出てきて、1枚だけ必要なのだが
切れていない。ちょうどパリ・リヨン駅の構内でいたので、駅の売店で写真を
分割するための、はさみかカッターナイフを買おうと何軒か回ったがなかった。

今日は日曜日なのでクリニャンクールの蚤の市に行こうと思っていたのに予定が
狂う。おまけに駅周辺の店も全部休業。「どこか開いているお店は・・・」と考えた
ところ、「シャンゼリゼに行けばお店は開いている」と思いメトロで出かける。通常、
日曜日は店舗は休業。パリの市バスも路線によっては運休している状態。しかし
観光地の一部では日曜日でも店舗が開いている。シャンゼリゼもそのひとつだ。
VIRSIN MEGA STORE(ヴァージンメガストール)の隣はMONOPRIX(モノプリ)
というスーパーマーケットがある。「ここなら、はさみもある」と思い向かったが、
無情にもシャッターが。

仕方がないので帰ろうとするとフランスの自動車メーカー、ルノーのショー
ルームがあったので立ち寄り、ついでに観光案内所にも寄ってメトロでパリ・
リヨン駅まで戻る。
パリ リヨン駅
[パリ・リヨン駅]

時間はすっかりお昼。駅の構内でサンドイッチを買って、ホテルに帰り自分の
部屋で食べようとお湯を沸かしていたところ部屋のドアをノックする音。ドアを
開けてみると掃除の人が来て「掃除したいのですが」と言ってきたが、僕もお昼を
食べたかったので「お昼を食べるのでちょっと待って欲しい」というと、解って
くれたみたいでゆっくりお昼を食べる。そして「はっ!」と気がついた。

「レセプションではさみを借りればいいという事を・・・」。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

クリニャンクールの蚤の市

昼食を食べてからクリニャンクールの蚤の市に出かけた。

さすが日曜の午後だけあって人出も多かった。駅の周辺は革製品を扱っている
常設店が多く、そこをもう少し進むと広場がある。その広場では靴や服、中には
アフリカにしか置いていないような民芸品を売っているところまである。多くの
観光客は「ここがクリニャンクールか~」と思う人が多いみたいだが、本当の掘り
出し物はもう少し進んだ環状道路(高架道路)をくぐった先にある。
クリニャンクールの蚤の市
[環状道路の手前はこんな感じ]

環状道路の下では秋、冬の風物詩、焼き栗スタンドが何軒か出ていた。この焼き
栗スタンドはドラム缶を横に3分の1ほどカットし、栗が落ちないように穴の開いた
鉄板を乗せ、炭を入れて焼く。売る時には新聞紙に包んで売るのである。

環状道路をくぐったところには、やはり靴や服を扱う店が多いが、もう少し進めば
アンティークが、更にその先には道具屋さんや電気屋さん、水道の蛇口やビデオ
(中国語で書いてあるものも)テレビのリモコンだけというものもあった。
クリニャンクールの蚤の市
[ここは有名な常設店マルシェマラシ]
クリニャンクールの蚤の市
[少し北にはこのようなお店が]

かなり歩き回って「何かいいものはないか?」と物色してみたが、残念ながら目に
かなったものがなかった。でも歩いているだけでも大変楽しいところである事は
違いはない。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。






テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

CAFEを求めて

夕方、クリニャンクールの蚤の市をあとにして、メトロでパリ北駅に向かった。結構
歩き回ったので疲れた。Cafeに行きコーヒーでも飲もうかと思ったのだが、
さすがに夕方で大きな駅だけあって人がぎっしり。駅周辺も歩いてみたが
こんな時に限ってCafeが見つからない。
パリ北駅
[パリ北駅]

Le Louvre(ルーブル美術館)のショッピングセンターに行こうと思っていたので、
「その近くなら観光地だしCafeぐらいはあるだろう」と思い、とりあえず行って
みることに。ショッピングセンターでお目当てのものを探し、また歩き回ったが
これもまた空振り。ちょっと疲れもピークになり少し妥協して1つ上の階にある
フードコートで休もうかと移動したが、やはりここも黒山の人だかり。「もういいや」
と思い、メトロ1本でホテルに帰れることもあってそのまま帰った。
ルーブル美術館のフードコート
[ルーブル美術館にあるフードコート]

ホテルに着くなりベットで横になると、次に目を覚ました時は夜の8時。何と遅い
昼寝だろうか。今日の夕食はしっかりした物を食べようと思っていたのだが、
あまりの疲れのため面倒くさくなり、駅構内のサンドイッチ屋さんでバゲットの
サンドイッチとサラダを買って、お昼に続いて部屋で食べることにした。そして
ついでに日本から持ってきたクノールのカップスープも一緒に・・・。

実はこの手のスープ類(お湯に溶かして作るもの)もフランスにもあるのだが、
お世辞にもおいしいとは言えないし、荷物にもならないので皆さんの荷物リストに
加えることをオススメします。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

パリ・モーターショー(その1)

旅行前から風邪気味だったが大分良くなったみたいだ。朝食後、Burau de
change(両替所)に行き現金を手にしてからPorte de Versailles(ポルト・デュ・
ヴェルサイユ)にあるパリ市見本市会場で行われる「パリモーターショー」に行って
みることにする。

午前10時に開場なので、少し早いがモンパルナスまでバスで移動。少し時間を
つぶしてからMetro(地下鉄)で会場に向かった。

着いてすぐに気づいたことだが、平日にもかかわらずものすごい人出。「この
人たち、仕事はどうしたのだろうか?」とまず頭をよぎった。
パリ・モーターショー

会場に早速入り、RENAULT(ルノー)、CITROEN(シトロエン)、ベンツなどをはじめ、
日本のメーカーTOYOTA、NISSANの乗用車はもとより、業務用車両まで展示。
東京や大阪のモーターショーとは規模が違う。

中でも職業柄(当時)教習所の教官をしていたこともあって、RENAUTの教習車に
目がいった。車内をのぞくと、日本の場合、教官側の席にはブレーキしかないの
だが、フランスのこの教習車にはアクセル、ブレーキ、クラッチが全てあるのには
驚いた。というのも、「ブレーキだけあれば安全」というわけではないからである。
フランスの教習車
[フランスの教習車。屋根にはAUTO-ECOLEのサイン]
フランスの教習車・教官席
[ちょっと見えにくいけど、足元に3つのペダルが]

例えば進路変更や高速道路での合流の場合、多くの教習生は怖くてブレーキを
踏む傾向がある。気持ちは解らない訳ではないが、そうする事により後の車との
速度差が大きくなって、自分の車の入れるスペースが余計に狭くなる。なので、
できれば「速度を保つ、場合によっては加速する」のが基本なので、ブレーキが
あれば全てが対処できる考えは間違いなのだ。その点フランスのこの教習車は
指導する者にとっては有難い機能である。

でも今は教官をしていないので関係はないのだが・・・



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

パリ・モーターショー(その2)

このパリモーターショーの会場は、東京や大阪で行われるモーターショーとは
比べ物にならないほど広いので、移動するだけでもかなり疲れる。Hall5には
RENAUT(ルノー)のBOUTIQUE(おみやげ物屋さん)があったので「Kangoo
(カングー)」という自動車の模型を買うためにVISAカードで支払いをしようとした
ところ、ハンディータイプのカードの読み取り機が受け取りを拒否。代わりに
JCBのカードでも試してみたが結果は同じ。結局、現金で支払った。店員は
「ハンディータイプだからだろう?」と言っていたが、この先すべての支払いで
カードが使えなくなった場合、当然お金が足りない。「どうしよう」という不安だけが
残った。
RENAULT kangoo
[RENAUT kangoo]
お昼になって会場内のレストランに向かったが、前回このブログに書いたとおり
かなりの人。それにレストランの形態がセルフ式なので、まず注文をして料理を
作ってもらいレジに持って行き清算するスタイル。しかしお金を払い終わるまで
相当時間がかかるのは誰の目に見ても明らかだった。僕はカルボナーラとパン、
お水を注文しレジに並んだのはいいものの、やはり先には進まずおまけに停電の
ためレジが使えず、周りのフランス人たちもその場で食べ始めたので、僕も
その場で食べた。レジに到達した頃にはみんなすっかりたいらげ、何を
食べたかを事後申告。日本ではまずこういう事も、こういう光景もないだろうと
思った。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター