FC2ブログ

最新の橋、ポンヌフ

ふらふら歩いているうちに、サンジェルマンデプレ教会の前に出てきた。ここまで
来るとあとは何となくわかる。活気のあるRue de Buci(ビュッシー通り)を通って
セーヌ河の方に出ると「最新の橋」という意味のパリ最古の橋Pont neuf
(ポンヌフ)に出る。
ポンヌフ
なぜ最新の橋なのか?昔むかしの橋は今の橋の作りとは違い、橋の上にも
住居や商店があった。そのため、気候が良くなってもセーヌ河の風に当たる
ことが出来なかったので、橋の上の障害物(商店や住居)を取り払い、今の橋の
原型が出来たとのこと。その名残からなのか橋の途中には座っておしゃべり
できるスペースが設けられている。

橋を渡りきると左手にはパリっ子に「サーマ」と親しまれているデパート
「サマリテーヌ」。
サマリテーヌ
それをもう少し進むとサントゥースタッシュ教会に出る。
サントゥスタッシュ教会
そこから地下にもぐるとMetro(地下鉄)4号線のLes Halles(レアール)駅。そう
Forum Des Halles(フォラム・デ・アール)の端っこに位置するところ。この
あたりには映画館や大型家電量販店「DARTY(ダティー)」があり時間帯のせいも
あるのだろうか、かなりの人ごみだった。

夕食をとってホテルに帰り、明日こそはモンサンミッシェルに行くために、
リヨン駅の自動券売機で切符を買ってから寝ることにする。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

今日こそはモンサンミッシェルへ

今日はフランスの祝日。今日こそはモンサンミッシェルに向かうため、前日
RENNES(レンヌ)までのチケットを買った。ホテルで朝食を取りTGVの出発駅
モンパルナスまで、昨日はメトロで行ったので今日はバスで行くことに。何しろ
道が空いているので・・・。

バス停に向かう途中「91」という文字が目に入ったのでバス停まで走り
飛び乗った。この「91」とはバスの系統番号でモンパルナスまで乗り換え
なしで行くことが出来るバス。
パリのバス 91系統
しかし、バスチーユに着き運転士が何も言わず降りていった。なぜか解らず
車内の運行図をよく見るとバスチーユは始発駅。ということは・・・そうです。
反対方向のバスに乗ってしまったのです。「このまま動くまで待とうか」とも
思ったのだが、もしかすると時間が怪しい。急遽メトロに乗り換えて
モンパルナス駅に。

TGV出発20分前、何とか到着。駅には改札機がないのでコンポステ(*1)して
自分の乗る車両を探した。2番線発、20両編成の18両目。かなり前の方まで
歩かなければならない。車内は休日だけあってほぼ満席。TGVは定刻に
出発し、途中24時間レースでおなじみのLe Mans(ルマン)に停車。その次の
モンサンミッシェルへの玄関口Rennes(レンヌ)にはパリ出発後約2時間で
到着した。

(*1)コンポステとは・・・
日本にはホームに入る前に必ず改札機があるのだが、フランスにはそれが
ない。そのため持っている乗車券に乗車日を刻印するための機械。TGV
など切符に予約日が書かれていてもコンポステしなければ、車内検札で
罰金を請求されるので必ず忘れないように。
フランス国鉄 打刻機
[昔はオレンジ色だった打刻機。ここに切符を通すことで切符が有効になる]


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





Rennes(レンヌ)到着、がしかし・・・

パリからTGVで約2時間、RENNES(レンヌ)に到着。イメージでは田舎の駅を
想像していたのだがかなり近代的だった。
SNCF(フランス国鉄) レンヌ駅
[レンヌ駅。手前の建物が高速バス乗り場]

モンサンミッシェルにはここで高速バスに乗るか、ローカル線でモンサン
ミッシェルの最寄り駅ポントルソンで降りて歩いて行くか、レンタルサイクルを
借りなければならない。もしローカル線を選択した場合、RENNESでの接続が悪く
パリからの日帰りは不可能。その点高速バスを使うとモンサンミッシェルに
4時間ほどしか滞在できないが、パリへの日帰りは可能となる。

この日はモンサンミッシェルに行く気は満々だったが、駅前で変わった
コスチュームを身にまとった人を見たのがそもそもの発端。SNCF(フランス国鉄)
の自動券売機でTGVとRENNESからモンサンミッシェルまでのバスのチケットを
同時に買うことが出来るのだが、このとき僕はRENNESまでしか買って
いなかったのも手伝って、「これはめったに見れないものかもしれない」と思い、
駅前の通りをまっすぐ川にぶつかるまで歩き、観光案内所に行って地図と
今日の催しは一体何なのかを知りたかった。でもその途中で人の集まりを
発見。場所はちょうどRENNESの市庁舎前の広場。音楽隊の演奏と行進が
あったのでカメラに収め、すぐ観光案内所に向かったが、やはり祝日のため
閉まっていた。
レンヌ市庁舎前
[レンヌ市庁舎前広場]
レンヌ市庁舎前




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

レンヌのパレード

人の流れに逆らわず歩いてくるとセレモニーらしきものが始まった。そして
これまで僕自身が見たことのないパレードが。言うまでもなく写真を撮りまくった。
さすがに周りを見渡すと日本人らしき人は見当たらず、外人だった事、持っていた
カメラが高級なものだったためか海外のプレスに間違わられ、一般人が立ち
入ってはならないところまで写真を撮らせてもらえた。(ゴメンナサイ!)
レンヌのパレード

レンヌのパレード

レンヌのパレード

レンヌのパレード

レンヌのパレード



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

Rennes(レンヌ)の祝日の昼下がり

パレードは昼過ぎには終わり、行進していた兵士たちは見物に来ていた家族と、
そのまま家に帰ったみたいだ。僕もお昼をとろうと思ったのだが、さすがに休日
どこも店が開いてない。仕方なくRennes(レンヌ)駅まで戻り、バゲットとココアを
飲んで再びパレードのあった旧市街へ向かった。

祝日の昼下がり、街中にはほとんど人がいない。パリとは大きく異なる点だ。
そのおかげで次のような写真が撮れた。
ブルターニュの木組みの家
[ブルターニュの木組みの家]
Rennesの街中

Rennesの街中

夕方、本当ならモンサンミッシェルに行く予定だったのが、ちょっとした事で
予定を変更。もしモンサンミッシェルに行ってたなら、帰りの高速バスに接続の
TGVのチケットはそのまま持っていたのでパリに向かう。

出発時刻きっちりTGVは発車。日中かなり街中を歩いたので疲れていた
みたいで、ルマン24時間レースの舞台、Le Mans(ルマン)到着までウトウトと
眠ってしまった。その後TGVはパリ・モンパルナス駅までノンストップ。TGVの
BARに行きコーヒーを飲んでくつろいだ。
TGVのBar
[TGVのバー]
パリ・モンパルナス駅到着後、夕食を食べにシャンゼリゼに92系統のバスで
向かおうとすると、祝日のためバスは1時間に1本。しかも「大渋滞で50分も
かかる」との情報が。メトロで行く元気もなかったので、駅前のスーパーINNO
(イノ)でお惣菜とパニーニ・ローマ(柔らかいパンにトマトとチーズ、ハムを挟んで
プレス機で圧力をかけ、ペシャンコにする)を買いバスでホテルに帰る。

このパニーニ・ローマ、かなりおいしかった。明日は今回の旅行の最終日。
したい事はたくさんあるのに時間が全然足りない。あ~何をしよう??



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

やっと晴れた最終日

今日は今回の旅行の最終日。やっと晴れてくれた。この日はまずパリ北駅に行き
駅構内の音を録音しようと出かけたのだが、肝心なチャイムが鳴らなかったので
メトロでシテ島、そこからノートルダム寺院に向かうことに。途中メトロで停電が
あったが、ちょうど駅に停車中だったし非常灯も点いたので大きな混乱も
なかった。

シテ島に着きそのままノートルダム寺院の方に歩いていくと、またいつもの通り
工事のため建物にはシートがかけられていたが、前回旅行に来た時より幾分
シートがかけられている面積が少なくなっている。
ノートルダム寺院

今日はさすがに最終日のため「お土産を」と思い、Rue de Rivoli(リボリ通り)を
Louvre(ルーブル)の方に向かって歩いていった。途中左手にデパートの
SAMARITAINE(サマリテーヌ)が目につき中に入ってみた。最上階は展望
できるスペースがあったが、この時だけ空は雲で覆われきれいな写真が撮れず、
ひとつ下の階のトイレを拝借。するとびっくり!用を足した後、便座がそっくり
そのまま洗浄されて格納される仕組み。こんなトイレは今までに見たことも
なかったので、これにはさすがに驚いた。
サマリテーヌ
[サマリテーヌ。今はどうなっているのだろう?]


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。







テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター