FC2ブログ

ヴェルサイユ宮殿へ

今日はまずRADIO FRANCEに向かった。ガイドブックによると、内部を
見学できるツアーがあるとの事だったが、入り口の警備員によると
"今日はないよ"と言われた。実は僕が大学時代にラジオ番組のADと
ディレクターの経験があり、番組作りにどのような違いがあるのかを
見たかったのだが…ちょっと残念。

その代わり、先日いくつもりにしていたヴェルサイユ宮殿に行く時間が
出来た。パリ市内からヴェルサイユ宮殿に行くには3つの方法がある。
SNCF(フランス国鉄)サンラザール駅からとモンパルナス駅から。それと
RER(郊外高速鉄道)C線がある。ヴェルサイユ宮殿に一番近いのは
RERのC線でまたRADIO FRANCEもこのC線上にあるので(一度Champ
de Mars-Tour Eiffelまで戻らないといけないが)必然的に経路は決定
した。

約30分の電車に揺られVersaille R G(ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ)駅に
到着。人の流れについていくと、自然とヴェルサイユ宮殿にたどり着く。
ここはエッフェル塔よりも、たくさんの人やバスでごった返していた。まず
宮殿内を見学しようとチケット売り場に行くと長蛇の列。やはり朝1番に
来るべきだった。このまま並んで待つべきか考えたが、ここヴェルサイユ
には庭園も外せないスポットなので、まず庭園を見てから宮殿の見学を
する事に決めたのだが…

ヴェルサイユ宮殿正面
ルイ14世像
庭園から
[写真上から"宮殿正面""ルイ14世像""庭園から"]


ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

ベルサイユ宮殿(その2)

宮殿内の見学には、長蛇の列に並ばなければならなかったので、先に
庭園を見学することにした。敷地内はかなり広いので、移動には観光用の
機関車型のミニトレインで目的地まで連れて行ってくれるのだが、ちょうど
出発したところだったので歩いて回ることにした。
ヴェルサイユ宮殿
写真ではわかりにくいと思うが、これがかなりハード。奥行きは単純に
計算しても3キロ以上。運河の脇には貸し自転車もあったのだが、係員が
不在で借りられず結局歩いた。片道3キロ、往復すれば6キロもある。後で
知った事だが、ミニトレインはこの庭園の端までは運行されていないが、
主要建造物を40分かけてまわるということから、とてつもなく広いということは
わかってもらえるだろうか…。
ヴェルサイユ宮殿
とりあえず完歩して宮殿入り口まで戻ってきたので、鏡の間を見に行こうと
ゲートに向かうと朝に比べ更に人、人、人。歩き疲れ並ぶ気力もなかったので、
ここは次回訪れることにしそのまま駅まで歩いた。途中のパン屋さんで
Jambon Beurre(ジャンボン・ブール)ハムのサンドイッチを買って、電車の
中で座って食べようとした。駅に着くと、帰りの切符を買おうとする観光客の
列。また並ぶのか?と思った瞬間、ふと目を横にやると自動券売機。しかし
この販売機は、フランス語のみの対応なので窓口の列に集中したのだろう。
僕は迷わず自動券売機で切符を買っていると、別の日本人観光客が
"買い方を教えて欲しい"と言ってきたので快く引き受け、そのまま電車に
乗った。

女の子たちはこの後、オルセー美術館に行くらしいが、僕はパリ市近代
美術館(パレ・ド・トウキョウ)に向かうことにした。Pont de l'Alma(アルマ橋)で
下車し橋を渡る。
パリ市立近代美術館
このときは常設展しかしていなかったが、大変満足。またおみやげ物屋で
売られていたエコバックは2種類あって、大きくても小さくても値段が25フラン
(当時のレートで500円)とお値打ちもの。
エコバック
日もどっぷりと暮れ、そのままレ・アールのいつものFlunchで夕ごはん。卵の
マヨネーズサラダと、牛肉のソテーごはん添えを食べる。今日は今回の旅行の
最後の日だったので、帰りは景色の見えるバスで帰ろうと思ったが、運行
時間が終了していたのと、あっても直接ホテルまで帰れなかったこともあって
メトロで帰った。



ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

トランジット

今日はとうとう帰国の日。朝食を済ませ朝7時にチェックアウトした。リヨン
駅のタクシー乗り場からオルリー空港(ORY)へ向かう。いつもならシャルル・
ド・ゴール(CDG)空港発なのだが、CDGから乗り継ぎのLHR(ロンドン・
ヒースロー)のチケットが取れず、つぎのCDG→LHR便だと、接続のLHR
→KIX(関西空港)との最低接続時間(MCT)の45分を下回り発券が出来ない。
どうしようか思案した結果、ORY→LHRのチケットを取ったのだが、それでも
KIXゆきの乗り継ぎはギリギリの50分だった。
オルリー空港
[オルリー空港]

25分で空港に到着。タクシー代は100フラン(当時のレートで2000円ぐらい)と
CDGに行くことを考えると時間も早く安い。あまりにも早く着きすぎたので
チェックインも出来ず、約20分待ってから荷物を預け免税店エリアに。CDGの
免税店は他の国際空港に比べて店舗数、商品数ともあまり多くはないが、
ここORYも同様。しかも父と弟用のおみやげに、タバコをいつも3カートン
買うのだが"EUの協定により1人1カートンしか売れない"と言われたので、
2軒で1箱ずつ買って飛行機に。しかし定刻になってもドアクローズはされず、
15分遅れでパリを離陸した。

…ということは、50-15で35。35分で次の便に乗り継がなければならない。
LHRは成田や関西よりもかなり大きい空港なのでマラソンすることは確実。
また仮に間に合っても、ロスバゲ(ロストバゲージ)する確率が高くなる。
こうなれば、あとは運に任せるしか…(汗)



ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

奇跡か?

パリ・オルリー空港を15分遅れで飛んだ飛行機は、一路トランジットのため
LHR(ロンドン・ヒースロー空港)へ。ここで奇跡は起こった。
KIX(関西空港)ゆきの乗り継ぎ時間は、パリ出発が遅れたので35分しかない。
しかし運良くほぼ定時に到着。しかも2機が同じターミナルのすぐ近くに駐機
されていたためかえって余裕が出来た。現在BA
(ブリティッシュ・エアウェイズ)の日本路線の発着はTerminal1になっているが、
この当時はTerminal4発着。また欧州域内のBA路線はTerminal1発着だが、
いくつかの路線(パリやアテネなど)はTerminal4発着だったので助かったのだ。
現在Terminal5が建設されているが、運用が開始されれば東京行きは
Terminal5に移るのだろうか?
ロンドン・ヒースロー空港 Terminal 4
[LHR(ロンドン・ヒースロー空港)]

時間の余裕が出来たので、買いそびれていた母へのお土産を買う。旅行を
していて一番迷うことは家族へのおみやげ。年に数回海外に出かけると、
必ず買って帰るのだが"おみやげは何がいい?"と聞いてもこれといった
希望もなく、いつも通りのおみやげに。父や弟には外国製のタバコ、母には
口紅3本セットが定番になっている。しかし僕はタバコは吸わないし、まして
口紅にはいろいろの種類があって微妙に色違いは解りにくい。なので一番
これが苦痛な作業かも…。

11:25ロンドンを定刻に離陸。座席はエコノミーにもかかわらずシートピッチは
広い。しかし難点が。そう非常口列の席だったのだが、パーソナルビデオは
なく、また大きなスクリーンも見えない席だったのだ。飛行時間12時間の
長丁場。する事もなかったので隣の座席の人たちと自然と話し込む。隣の人は
女性で、フラワーアレジメントを習いにモナコへ行ってきた宮古島の人。その
隣は東京のJ○Bの添乗員さん。話の話題はどうしても旅のこと。僕が1人旅を
したことを話すと、その添乗員さんは"それは一番贅沢な旅ですよ。僕たちは
どうしても団体行動ですし…東京に住んでいるのに会社の都合で大阪着。この
あと、更に乗り継ぎがありますから"と宮古島の女性もうなずいていた。

8:05予定より50分遅れで関西空港に到着。同席した2人とここで別れ、
空港近くの自宅に帰りゆっくりお風呂につかった。



ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

3度目のパリ

3度目のパリ行き。今回は弟に関西空港まで送ってもらう。いつも団体
ツアーの旅行ではないので、空港に着いたらしなければならない事が
いくつもある。航空券を受け取り、コピーをとって、旅行保険に入って、
最小限の現金を両替して、チェックイン。出発が11:00でも2時間前に
空港に着いてちょうどいい。

今回もBA(ブリティッシュエアウェイズ)でLHR(ロンドンヒースロー)を
経由しCDG(パリ・シャルル・ド・ゴール)という経路。友人から"なぜ
パリに行くのにBAなのか"とよく質問される。実は当時BAのマイレージ
"EXECUTIVE CLUB"に入会しており、会員資格継続のためにわざわざ
直行便を使わず利用していたのだ。

搭乗時間となり機内に入ると、CA(当時はスチワーデス)さんが
"EXECUTIVE CLUBの方ですか?"と聞いてきた。座席はエコノミーだし、
僕は"何かあったのか?"と驚いた。時間が経ってそのCAさんに疑問を
投げかけてみたら"EXECUTIVE CLUBのタグがかばんについていたので"
という。またこのCAさんによるとタグをつけている人は少ないらしく、
搭乗時のリストにもきちんと出てくるのだそうだ。今回も座席は非常口列の
足元広々、お見合いシート。

LHR最終の着陸態勢のとき、僕はカメラを持っていたので、CAさんが"いい
写真は撮れましたか""右側の席ならフィヨルドがきれいに見れたのですが"
とか、少しの時間だったが今までの旅行の中で、CAさんと話をした
はじめての機会となった。
ブリティッシュエアウェイズ18便から
[いい写真でしょうか??]


ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

ちょとした出来事。でも・・・

ロンドン・ヒースロー空港に着いて乗り継ぎのため同じTerminal4の
出発階に。すると周りにはたくさんの日本人の姿が。出発の案内
ボードを見てみるとBA(ブリティッシュエアウェイズ)005便、成田行きが
あったからだ。しかしアナウンスで"BA005便成田行きは、使用機
故障のため欠航になりました"と。周りからは"えっマジで?"とか
"ホテルはどうなるんだ?"などの声が聞こえた。今回僕は関係
なかったが、もし自分がこのような状況に置かれた時、"どう対処すれば
いいのか考えなければ"と思った瞬間だった。

乗り継ぎ便のBA324便パリ行きの搭乗が始まり座席についたが、別の
客が何か言っている。しかし僕は英語がからっきしだめなので理解
できず、ボーディングパスを見ると座席を間違っている事に気がついた。
おじさんに"すみません"と言って自分の座席に。

定刻より少し早くパリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着。前回、待ちに
待たされた入国審査だったが今回はスムーズ。しかも通常あまり
押されない入国スタンプを押してもらえた。荷物を受け取り、お金を持ち
合わせていなかったので両替所に。その両替所にたどり着くまで
"TAXI""a PARIS"と何回声をかけられたことか。両替が済むと
Terminalの外を通って正規のタクシー乗り場へ。白タク防止策である。

空港からリヨン駅までは約220フラン(当時のレートで約4400円)。
ホテルにチェックインするとすぐにバスタブに水を張り、いっぱいに
なるまでの間に隣のリヨン駅に行き、のどが痛かったので飴とお風呂
上がりのジュースを購入しすぐに戻ってきたのだが部屋に入れない。
カードキーも手元にある。しかし何度も抜き差ししてもドアは開かず、
フロントまで降り事情を説明するとすぐに部屋の前まで来てくれた。

するとそのフロントマンは"中に誰かいるのでは?"と。そういわれても
仕方がない。お風呂の水を出しっぱなしにしてきたから。僕はとにかく
一刻も早くお風呂の水を止めたかった。こちらの風呂は日本のものと
違い、水を溢れさせた時の排水設備がない。またあっても貧弱なもの
なので、ホテルに被害を与えてしまうと多額の損害賠償を請求される
ケースもあったからだ。

無事にドアも開き、フロントマンにお礼を言ってすぐにお水を止めた。
駅からすぐに戻ってきた事もあって惨事は免れたが、小さな問題が
凝縮された1日だった。

パリ・リヨン駅
[ホテル横にあるパリ・リヨン駅]



ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター