FC2ブログ

日帰りブリュッセルの旅(その1)

今日はパリからベルギーへ日帰り旅行。THALYS(タリス)号は定刻に
ブリュッセル南駅に到着。トラムとメトロ、バスの地図をもらって、外貨両替を
しようと駅構内を探してみたが案内板がないので見つからない。当時はまだ
ユーロは流通しておらず、ベルギーの通貨単位はベルギーフラン。当時の
為替レートは???スミマセン。ひかえていません。
ベルギーフラン
[200ベルギーフラン紙幣。この人は誰???]

仕方なく歩き回っているうちに構内の隅っこの方で両替所を発見。その後すぐに
プレメトロの乗ってブリュッセル中央駅に移動。Grande Place(グランプラス)へ
向かった。プレメトロというのは、車両は路面電車なのだが地下の専用区間を
走る、これまで見たこともないものだった。
プレメトロ
[地下区間を走る路面電車。プレメトロ]

ブリュッセル中央駅に着き、外に出るとちょうど地図があったのでGrande Place
までの道を覚えていると親切なおっちゃんが「まっすぐ行って3つ目の通りを左に
入るとすぐだよ」と教えてくれた。途中おみやげ物屋さんで絵葉書を買い、
言われたとおり進んでいくとGrande Placeに到着。

広場の周りは見事なゴシック建築がお出迎え。
グランプラス Grande Place
グランプラス Grand Place



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。





スポンサーサイト



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

日帰りブリュッセルの旅(その2)

Grande Place(グランプラス)に着いて広場を一周してから幸運をもたらすとされる
セルクラエスの像をさわる。なおガイドブックによっては「右腕をさわると幸せに
なれる」というものと「足元の犬にさわると・・・」の二つの表記があったので、
この際二つともさわっておいた。
セルクラエスの像
[セルクラエスの像]

お昼時になり世界最古のショッピングアーケード、ギャラリーサンチュベールへ。

このアーケードの脇の通りにはレストランがいっぱい。確か邱永漢の本に
「ベルギーは国民一人当たりのレストランの数が世界一」って書いてあるのを
思い出した。通りの中ほどにはムール貝専門店Chez Leon(シェ レオン)が
あったので「ここでお昼を」と思ったが、よく考えるとパリでも食べれるので通りの
端まで歩いてまた戻ってきた。
ブシェ通り Rue des Bouchers
[通りの80%がレストランのRue des Bouchers(ブシェ通り)]

結局、アーケード内にあるMOCAFE(モカフェ)というCAFEのテラス席で
Chicon au Gratin(チコンのグラタン)を頼んだ。チコンというのはアスパラガスを
太くした少し苦い野菜で、それにハムが巻いてありチーズを溶かせたものが
でてきた。食べ始めると僕の左前の席でTVの収録が始まった。
MOCAFE  モカフェ
[ギャラリーサンチュベールのMOCAFE]

この近くに劇場があって、その関係者がよく利用するカフェなんだとか。僕は
食べながら収録の様子を間近で見ていたのだが、やり取りは英語で行われて
いたので、何を話しているかはさっぱり解らなかった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

日帰りブリュッセルの旅(その3)

お昼を食べ終わりCAFEでのTV収録も続いていたので、今朝Grande Place
(グランプラス)に行く前に買った絵葉書をついでに書いてしまった。それを出す
ために郵便局へ向かおうとしたのだが、手持ちのお金が足りなくなるおそれが
あったので両替屋に行った。

しかしベルギーの通貨は99年当時ベルギーフランだが、僕の持っていたT/C
(トラベラーズチェック)はユーロ。銀行間取引では、すでにユーロで決済が
出来ているにもかかわらず、現金化するのに電話で問い合わせる騒ぎにまで
なり、相当時間がかかった。

その足で今度は郵便局へ。モネ劇場の前のショッピングセンターの中に
あるので店内の案内板を信じて地下に行ってみると、郵便局などなく、1階、
2階の順に見て回ると2階に郵便局はあった。ベルギーの郵便局はフランスの
郵便局とは違ってかなり分業されている。フランスの場合は一応窓口は区分
されているものの、だいたい1つの窓口で事は済むのだが、ここベルギーでは
4つに分業されていたので、そうはいかないみたいだ。

どこの窓口に行けばいいのか判らなかったのでインフォメーションの
おっちゃんに「エアメールを出したいのですが?」と言うと、指を差すだけ。
窓口でお金を払うと、おつりを投げ返された。ここまでトータルに見ると
ベルギー人はフランス人に比べ冷たい印象を持った。

気を取り直して観光を続ける。ベルギーは小便小僧が有名だが、小便小娘が
いるのをご存知だろうか?小便小僧は戦争の英雄として建造されたが、こちらの
小便小娘はAIDS撲滅のために作られたのだとか・・・。
小便小僧
[こちらは有名な小便小僧]
小便小娘
[後から作られた小便小娘。普段は鉄の柵は開いてるらしい。]


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




日帰りブリュッセルの旅(その4)

小便小娘を見たあとGrande Place(グランプラス)まで戻ってきたので、
おみやげ物探し。まず1軒目はEUROLINE(ユーロライン)というお店。EUROLINEと
言えばバックパッカーには知られているヨーロッパの高速バス会社だが、この
お店は全然関係ない。

このEUROLINEはEUROマーク(貨幣通貨の)グッズ専門店。EURO導入前だった
ので、どうしてもお土産に欲しかった。で、ここでユーロ加盟国Tシャツ(ユーロ
加盟国の首脳がイラストで描かれ、円状に配置したもの。たぶんユーロマークの
★をイメージしたのだろう。)とユーロ通貨マークTシャツ(ユーロのマークの
規定を詳しく書いた設計図。例えば線の幅は何cmとか、Cの開き具合はとか)。
それにシールを10枚買った。このシールは現在も、僕の自家用車にフランスの
車であるというシール"F"マークとともに貼っている。

そして2軒目はさすが国際都市ブリュッセル。WWF(世界自然保護基金)の
SHOPがあるとガイドブックにあったので、パンダTシャツを買おうと書かれていた
住所のところに行ってみたが店はCLOSE。数軒となりに観光案内所があった
のでWWFのことを尋ねると「閉店した」といわれた。

その後Metro(メトロ)に乗って国会議事堂、ブリュッセル公園、王宮の順に歩く。
ベルギー国会議事堂
[ベルギー国会議事堂]
ブリュッセル公園
[ブリュッセル公園]
ベルギー王宮
[ベルギー王宮]

そして最後に、ここはブリュッセル。ベルギーの首都であると同時にEUの本部が
ある。「やはりここは見ておかないと」思いMetroの最寄り駅で降りると観光客
なんかは1人もいない。そしてしかも工事中。一応、写真だけ撮ってブリュッセル
南駅に戻った。
EU本部
[ここがEU本部]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

日帰りブリュッセルの旅(その5)

ブリュッセル南駅に着いて、パリに戻る列車THALYS(タリス)の発車まで時間が
あったので駅をウロウロしていると「焼きそば(何とかオリエンタル)」という文字に
引かれ、コカコーラと一緒に買った。焼きそばは90BFr(ベルギーフラン 当時の
レートで270円)、コカコーラは55BFr(日本円で165円)。フードコートになって
いたので自分で席を探して好きなところで食べていた。すると、どこかの
おっちゃんがおかしな事を言ってて「何を言ってるのだろう?」と必死になって
聞こうと耳をダンボのようにしていた時、コカコーラの入ったコップをひっくり
返してしまった。幸い服にはかからなかったが、テーブルは水浸し、というか
コーラの池。近くに掃除の人もいなかったので、どうすることも出来ずその場を
立ち去った(ゴメンナサイ)。
ブリュッセル南駅 ブリュッセルミディ
[ブリュッセルミディ駅。ユーロスターやドイツのICEも見られる]

THALYSの発車時間が近づき乗車する車両に移動していると、日本人旅行客に
声をかけられた。「この切符のこの電車はここでいいのですよね」と。そういえば
英語圏ではないので当然切符は現地語で表示されているし、しかも略語まで
書かれているので判別は難しい。例えば「VOIT」。これは何だろうか?「VOIT」は
「VOITURE」の略で直訳すると「車」。すなわち「号車」という意味になる。

旅行者に切符を見せてもらって間違いはなかったので「この電車でいいですよ」と
答えた。

席について、この日記をガイドブックを見ながら書いていると隣に座っていた
老紳士が「ブリュッセルの地図を見せてほしい」といってきたので見せてあげた。
話によるとこの人はフランス人で旅行が好きなんだとか。だからガイドブックに
興味があったみたいだ。

THALYSがGare du Nord(パリ北駅)に着いて、この老紳士とも「Au Revoir
(さよなら)」してホテルに戻る。しかし朝パリを出るとき、Carte Orange(カルト
オランジュ)を買ったのにRER(郊外高速鉄道)の改札が開かず、改札機を乗り
越えた一件があったので、帰りはMETROでGare de Lyon(リヨン駅)まで戻り、
バゲットのサンドイッチとジュースを買ってホテルで夕食を取った。
パリ北駅
[こちらはパリ北駅]



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター