FC2ブログ

海外デビュー

ロンドン・ヒースロー空港きっかけは高校時代の親友A君からの電話。「ちょっと海外行かへんか?」(そう、大阪人です。)1995年の年明けでした。考えてみれば大学卒業の記念に旅行するのが普通なのだろうが、その当時、僕は在阪の放送局でラジオのディレクターをさせてもらっていて、それがまた楽しく「海外へなんて」考えた事もなかった。社会人になってもうすぐ2年。この機会を逃すと、たぶん新婚旅行まで行かない気がしてその誘いにのった。
・・で「どこいくの?」A君は「俺ウィーンに行きたいや、だからもう1ヶ所はH(僕)が決めろ」といわれたので、「そ~やな、大学の時にフランス語(大嫌いだったけど!)してたから、パリにでも行こうか」という安直な考えで行き先が「パリ、ウィーン」に決まった。この旅行が約8年後の人生を左右することとは露知らず…
スポンサーサイト



1995年って・・・

”ソラリーボード”っていうらしい。初めて海を渡った1995年って、関西人にとっては忘れられない大きな出来事が・・・「阪神大震災」。ちょうど勤めていた教習所の目の前が、被災地に向かう幹線道路で車のナンバーを見ると、四国や九州などの遠方から来た救援の車で大渋滞。1時間に500m進めばいい方だった。私の友達も多く被災したが、ライフラインが寸断され、生存しているのか、居場所の確認すらできなかった。その2週間後、近くに関西空港があるにもかかわらず、格安航空券だったため一度、伊丹に行き、成田>ロンドン>パリを1日で移動しなくてはならなかった。同行するA君とは伊丹で待ち合わせ、JAL152便は8:30定刻に成田に向けて離陸した。窓の外を見ると雨漏りよけのブルーシートがあちらこちらで見られ、何か自分達だけ遊びに行く事が申し訳ないような気持ちにもなった。成田に定刻に降り立つと、そんな気持ちに追い討ちをかけるかのごとく大雪が降っていた。

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

乗り継ぎ1回目

ロンドン・ヒースロー空港 Terminal 4次の便はブリティッシュエアウェイズ(以下BA)008便、13時45分発。約4時間もあったのでチェックインができず(荷物は伊丹でスルーチェックインできたのに・・・)空港内をウロウロ。外貨両替を済ませたらする事がなくなったので「成田空港内ドラマロケ地探し」や用事もない第2ターミナルに行くなどして何とか時間をつぶしチェックインした。

その後すぐに、3階の出国審査場に降り免税店をのぞく。学生時代は周りから「衝動買いの帝王」と言われていただけあって期待していたのだが、あまりの商品の少なさ、店の狭さにびっくりした。「これが日本を代表する国際空港なのか」と。それ以降、成田を使ってはいないが果たして変わったのだろうか?(教えて、空港会社の人)。しかし、きちんとここでも衝動買いはしていた。もったいない気持ちはあったが、電子オセロゲームを買っていた。今でこそ、エコノミーでも各シートにパーソナルビデオがついているが、その当時はファースト、ビジネスにしかなかったのだから。

13時45分、BA008便は定刻に成田を発ちロンドンに向かった。機内では最初は本を読んだり、映画を見たり音楽を聴いたりしていたが、次第にする事がなくなってきた。あっ!「オセロゲーム」僕とA君は"水を得た魚のように"それに興じた。

約13時間30分後、現地時刻17時40分、ロンドン・ヒースロー空港に到着した。
しかし、そのあとまた問題が・・・

アジア航空でヨーロッパへ

2度目のパリは96年の9月。初めて関西空港からしかも1人旅。英国航空
(以下BA)018便でLHR(ロンドン・ヒースロー空港)を経由し、CDG(パリ・
シャルル・ドゴール空港)へ向かう。空港の対岸に車を預け、関空に近づいて
みると"British Asia Airways"の表示が。
ブリティッシュ アジア エアウェイズ
この飛行機は主に台湾路線で運航される機材。理由は台湾と中国本土との
国際情勢が絡んでおり、台湾では中国本土に飛んでいる航空会社は、台湾
本土に乗り入れることを禁止する措置が取られた。そこで台湾に飛ぶには
どうすればよいかと知恵を絞った結果、別会社を作って飛行を継続させる
ことにした。この事はイギリスだけに限らず、オランダやスイス、フランスも
同様で日本もJAA(日本アジア航空)がこの理由によって運航をしている
(していた)。
KLMオランダ航空
[KLMアジア航空の機体。尾翼にも"Asia"の表記が]
スイスエアーアジア
[こちらはスイスエアーアジアの機体]
自宅を出て1時間。関西空港ではBAの地上業務はANAが担当していたため、
そのカウンターに行ってみるとかなりの列。当時のProgram A(*1)という
アライアンス(今でいうスターアライアンスとかワンワールド、スカイ
チームなど)があって、当時BAのエグゼクティブクラブの会員でもあったので、
優先チェックインが出来るはずだったのに案内がなく並んで待っていた。
しかし、一向にチェックインが進まない。その時地上係員が通り
かかったので、会員証を出して聞いてみたところすぐに対処してくれた。
カードが水戸黄門の印籠に変身したのだ。

そんな事もあって、BA018便は定刻より少し遅れてKIX(関西空港)を離陸し、
12時間後LHRに定刻に到着した。

*1 当時Program Aのアライアンスメンバーは
NH(全日空)
BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)
OS(オーストリア航空)
SR(スイス航空)
CX(キャセイパシフィック航空)
MH(マレーシア航空)
SQ(シンガポール航空)
DL(デルタ航空)
US(USエアー)
・・・の9社



ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

3度目のパリ

3度目のパリ行き。今回は弟に関西空港まで送ってもらう。いつも団体
ツアーの旅行ではないので、空港に着いたらしなければならない事が
いくつもある。航空券を受け取り、コピーをとって、旅行保険に入って、
最小限の現金を両替して、チェックイン。出発が11:00でも2時間前に
空港に着いてちょうどいい。

今回もBA(ブリティッシュエアウェイズ)でLHR(ロンドンヒースロー)を
経由しCDG(パリ・シャルル・ド・ゴール)という経路。友人から"なぜ
パリに行くのにBAなのか"とよく質問される。実は当時BAのマイレージ
"EXECUTIVE CLUB"に入会しており、会員資格継続のためにわざわざ
直行便を使わず利用していたのだ。

搭乗時間となり機内に入ると、CA(当時はスチワーデス)さんが
"EXECUTIVE CLUBの方ですか?"と聞いてきた。座席はエコノミーだし、
僕は"何かあったのか?"と驚いた。時間が経ってそのCAさんに疑問を
投げかけてみたら"EXECUTIVE CLUBのタグがかばんについていたので"
という。またこのCAさんによるとタグをつけている人は少ないらしく、
搭乗時のリストにもきちんと出てくるのだそうだ。今回も座席は非常口列の
足元広々、お見合いシート。

LHR最終の着陸態勢のとき、僕はカメラを持っていたので、CAさんが"いい
写真は撮れましたか""右側の席ならフィヨルドがきれいに見れたのですが"
とか、少しの時間だったが今までの旅行の中で、CAさんと話をした
はじめての機会となった。
ブリティッシュエアウェイズ18便から
[いい写真でしょうか??]


ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

音が出ます。ご注意ください。
パリ・モンパルナス駅
発車アナウンス
毎回違う音が出ます。
プロフィール

B7機長

Author:B7機長
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
(Parisにも留学してました)
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!(Click)

Google
Boutique
ホテルを探すなら! パリ格安ホテル
旅行保険、入ったっけ?? 海外旅行保険
Kiosque
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター